宇田川浩行(希哲館)✅ is a user on mn.kitetu.com. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse.

宇田川浩行(希哲館)✅ @hiro@mn.kitetu.com

Pinned toot

いま日本で一番希望に満ち溢れているウェブサイト
kitetu.com

脱工業化の鍵はブルックスの法則なのかもしれない。

Emacs でチラチラとカーソルが移動するせいで切り貼り(カット&ペースト)が失敗するの,ちょっと改善したいな。

Twitter が最近やばいと思うのは,金配り系のツイート,信じ難いほど幼稚なデマがよく並ぶようになったこと。申し訳ないが,すでに便所の落書きみたいな場所になりつつあると思う。ああいう場所で心を込めて文章を書こうとは私なら思わない。

自分の発信内容に自信を持っているなら,発信する場所も選んだ方が良い。「君子危うきに近寄らず」ではないが。

「持たざる者が持てる者と対等にやりとり出来る」というのが SNS の魅力の一つだが,「大衆が感情的に持てる者を引きずり下ろせる場」になってしまうと地獄絵図。

この問題は,「一定の傾向を持ったアカウントのツイートを一律ブロックする」みたいな機能が実装されない限り解決しないと思う。

ある程度知名度を持ってしまうと,どうしようもない返信は次から次に絶え間なく送られてくるし,どうしようもない話題はどこからともなく回ってくるわけで,ブロックが事実上機能していない,という問題もある。

自分が無知である,ということに気付いていない人の思い込みのままに叩かれる SNS にうんざりしている人は多いと思う。そういうの精神衛生的によくない。私は SNS から距離を置いてきたが,そうじゃなかったらかなりアレだと思う。

最近よく感じるのだが,「頭の良い人」は Twitter のような SNS から抜け出そうとしている気がするし,多分その方がいい。というのも,「無知による批判」を平然としてくる人と同じ土俵に立ってしまうことになるから。SNS が大衆化し過ぎて,一部の人にはしんどすぎる場所になっている。

イタリック体って,「伊体」でいいような。

ライト版デルンことデライト(Delite),最初に考えた名前が「ミニデルン」(Minideln)だったことを思い出して感慨にふける。

分かりにくいかもしれないが,世界に10億以上あるというウェブサイトの中から上位10万位に入ればそこそこのサイト。

いま Alexa Traffic Rank の記録を見返してみたら,月庭(kitetu.com)で世界58,461位,日本2,870位というのがあった。当時ももちろん無宣伝で,デルンの実装も無茶苦茶不安定で遅かったりした時期。そりゃ期待してしまうな……。

その反省をデライトに活かしたい。

その後,ネットでウケた献典(コンテンツ)って,要は目新しくなくても「気軽なもの」だ。月庭には新しさはあっても気軽に楽しめるものが無かった。

恥ずかしい話,昔はこれだけ独自性のあることをウェブでやっているのだから,2ch とか SNS あたりでバズって広告収入だけでそこそこ儲けられるんじゃ,みたいなことを内心期待していた。現実,そんな美味しい話はないものだ。

まあ,月庭(kitetu.com)がいまいちウケなかったといっても,それは希哲館事業を軌道に乗せるに至らなかったというだけで,無宣伝・検索流入のみで国内上位5,000位程度のトラフィックを集めた,というのはウェブサイトの運用実績としてそれなりのものではある。だから迂闊に方針変更出来なかったというのもある。

デライトが世界一使いやすいウェブアプリになってくれるなら,月庭は世界一独自性の高いウェブサイトのままでいい。

月庭は月庭で,希哲館の世界観を自由に表現する場としての意義があるので,単に無個性にする,ということはしたくなかった。そういうジレンマを「二刀流」で解決する,というのは良い思いつきだった。

要するに,デライトには「誰でも気軽に入れる希哲館の扉」という役割を期待している。その期待に応えられる形になりつつある。デライトは月庭の「独自性盛り込み過ぎ問題」を上手く解決してくれる可能性がある。