宇田川浩行(希哲館)✅ is a user on mn.kitetu.com. You can follow them or interact with them if you have an account anywhere in the fediverse.

宇田川浩行(希哲館)✅ @hiro@mn.kitetu.com

Pinned toot

いま日本で一番希望に満ち溢れているウェブサイト
kitetu.com

そういえば,クォーテーションマークを「括点」と訳してたな。これは使える。

経済政略(エコノミック・ステイトクラフト)というのは,要するに「攻撃的な経済外交」のことだ。

エコノミック・ステイトクラフト(economic statecraft)って微妙に翻訳しにくい概念だが,「経済政略」というのが無難か。「経済外交」とも微妙に違うし,「経済国策」と訳すと「経済政策」との意味合いの違いが分かりにくい。

権力を握った人間が間違いを起こすのは,大抵の場合,悪さよりも弱さによるところが大きい。弱いから隠蔽するし,更に弱い者で鬱憤を晴らすし,邪魔な人間を消したくなる。

吉本興業の岡本さん,私には,悪い人というより普通の弱い人に見える。一番の売れっ子を任されていただけのマネージャーが,事務所のタレント達があまりにも売れ過ぎて,いつまにか大企業経営者をやるしかなくなってしまった,という感じ。だから「悪の権力者」のように叩くのも違和感がある。

さあ,希哲社の超高密度開発という方法論が成功するかどうか。

最初から諦めている人,不満だけで終わる人はいくらでもいるので,どうしても現実か理想か,みたいな答えの出ない綱引きのような議論に終始しがちだが,こういう場合,私は一貫して「理想のために現実的な行動をする人」を応援する。

だから,加藤浩次さんみたいな人が自分の正義感を貫くには,ある程度裏方に回ってでも業界を変えるという覚悟を持たないといけない。そういう人がちゃんと経営者として業界を変えていけないなら,結局不満だけで終わりになってしまう。

企業経営者なんて,どこもそんな立派な人物ばかりではない。どこか欠陥があったり,汚ないところがあるのが普通。ましてや吉本みたいな昔気質の芸能事務所で青い鳥探しみたいなことをしてもしょうがない,というのはある。

ただ,経営陣の刷新といっても,具体的にどういう人材ならいいのか,というのがないと意味がない。芸人に近くて,良くも悪くもなあなあでここまで出世してきたんだろうし,それを例えば外部のプロに変えて上手くいくか,というとそれも疑問だし,内部からでは文化的に大差ないだろうしなあ。

前々から松本人志さんの優しさと優柔不断さは表裏一体だなと思っていたが,今回の吉本騒動でもそれが出てしまっている。悪意が無いのはよく分かるが,それで問題は解決しない。という意味で加藤浩次さんの方が筋は通っている。

何千という課題を乗り越えて,まだ目標に届かないかね。

柔品(ソフトウェア)開発,本当に重知業だな……。

新妻聖子さんの曲,ふと懐しくなってまた聴き始めた。昔,『愛をとめないで』,『アンダンテ』,『ありがとう』あたりが好きでよく聴いていた。

柔品(ソフトウェア)開発における基礎作りの重要性を体で学んでいる。

リストの翻訳語,むかし「列選」というのを考えたが,「列出」「列集」あたりでもいいな。

吉本興業の岡本さん,根が悪い人だとは思わないが,一部上場企業の社長は明らかに荷が重いなという印象がある。芸能事務所の経営者は付き人だったりマネージャー上がりの人が多いだろうから,他業界の経営者と求められる能力は違うだろうけど,こういう人達を大企業経営者に押し上げた芸人たちの力が凄いと感じざるをえない。